長期休みの時期に利用できる民間学童保育!習い事も出来てお得

SITEMAP

長期休みの時期に利用できる民間学童保育!習い事も出来てお得

長時間の預かりが可能な民間学童保育

納得する

放課後以外でも、子供を預かってもらわなくては困るのが、夏休みや冬休みの長期の休みです。仕事をしている保護者が休みを取るにしても、限度があります。民間学童保育では、長期の休み中に長時間の預かりをしてくれるところもあるので安心です。
放課後の時間帯だけを利用するために、学童保育を検討している方もいるかもしれません。しかし、夏休みや冬休みとなると、連続して子供を預けられるところはなかなか見つからないでしょう。核家族化が顕著であり、祖父母に任せたいと思っても現実的に距離が離れていることで、頼めないこともあるものです。
夏休み、冬休みなどの長期の休みでも、民間学童保育なら預けられます。長期の休みにこなさなければならない宿題などのサポートもしてくれるので、教育の観点からもサポートをしてくれます。
休み中の時間を活用して、民間学童保育ではいつもは遠出する機会のない遠足やキャンプ、スキーなど季節に応じた体験もできます。長期の休みなのに、民間学童保育に居るばかりでは面白味が無いと感じないように、メリハリのあるプランを立てているため、季節に応じた楽しみ方ができるのも魅力です。
放課後だけではなく、長期の休みを安心して過ごせる場所を探している場合には、民間学童保育を検討してみませんか。

民間学童保育の特徴は早めに調べておこう

子どもを育てていると様々なトラブルやハプニングに見舞われます。急な病気や事故など予期せぬ事態もありますが、ある程度計画的に備えておくことができる問題もあります。例えば学童保育の問題です。既に職場復帰している人であれば、今は保育園を利用していることでしょう。しかし子どもが小学生になると保育園に預け続けることはできません。低学年の授業は昼過ぎには終わってしまいますから、保護者が帰ってくる夜まで子どもはひとりになってしまいます。このような場合に検討しておきたいのが民間学童保育というシステムです。
民間学童保育とは一般企業が運営母体となっている施設で、主に就学後の児童を対象とした預かりサービスを提供しています。公的機関が設置する学童保育とは異なり、教育活動にも力を入れているという特徴があるため、近年非常に注目されている施設です。民間学童保育について調べるのであれば、どのような教育プログラムが受けられるのかに着目してみましょう。スポーツ系に強いところもあれば、外国語レッスンを取り入れている民間学童保育もあります。これらのプログラムを受けるにはほとんどの場合、追加料金が必要です。実際の利用料金は施設によってかなり開きがあるのでよく確認しておきましょう。

民間学童保育の特徴や選び方とは

民間学童保育とは、主に放課後、保護者に代わり、学童指導員が面倒をみてくれるところであり、児童クラブと呼ばれる場所です。公立とは違い、料金が高い代わりに、遅い時間まで面倒をみてくれたり、塾やスイミング、体操などのスクールと提携しているところも多く、外部の講師が来て教えてくれるケースやスクールまで送迎してくれたり、学習面が整った場所が多いようです。
民間学童保育の選び方としては、開閉時間、土日の休日は預かってくれるのかなどの、ビジネスライフにあった時間帯で面倒をみてくれるか、または、学童指導員の定着率や資格保有者がどのくらいいるのかも重要です。政府が、2015年4月から保育の質の向上のために、放課後児童支援員と言う資格を設立しました。これまでと同様に無資格でも働けますが、資格保有者を放課後児童支援員といい、無資格者を学童指導員と言います。安心して預けるために、専門の知識を持った方が多いほうがいいでしょう。またパート、アルバイトの方も多くいるので、しっかり面倒をみてくれる場所を選びましょう。最後に、学習プログラムの充実性です。預けている時間を利用して、学習面や運動面を育てたいと考えている方も多くいるでしょう。各民間学童保育には、様々な教育の特徴があるので、見学や説明会で、しっかりどんな特徴があるか聞いてから選ぶようにしてください。

CHOICE POST

UPDATE LIST

2021年06月04日
民間学童保育と習い事は両立できるのかを更新しました。
2021年06月04日
民間学童保育をおすすめする理由を更新しました。
2021年06月04日
教育のプログラムを受けるためには民間学童保育がおすすめを更新しました。
2021年06月04日
民間学童保育を夏休みの間だけ利用するメリットを更新しました。
TOP